EMSスーツWISENFITとAlpha Active徹底比較。どっちを購入?

EMSスーツ比較

EMSスーツActiveとWISENFIT徹底比較。どっちを購入?

日本国内で購入できる家庭用EMSスーツとしては、2017年から販売している株式会社Dream box社の『Alpha Active』と、2021年6月より本格的に国内販売開始をしたKokopelli合同会社の『WISENFIT』ではどちらを購入すべきなのか、あらゆる視点から比較考察してみました。

なお、結論から先に言うと価格が安い『WISENFIT』がまずはとっつきやすいかもしれません。

EMSスーツWISENFIT公式 はこちら

EMSスーツおすすめランキングTOP3
順位商品名おすすめ度
1位EMSスーツACTIVE
Alpha Active
5.0
2位EMSスーツwisenfit
WISENFIT
4.0
3位
Easy Motion Skin
3.0

EMSスーツ購入おススメランキングをもっと詳しく見る

1位のActiveと2位のWISENFITを徹底的に比較したこちらの記事も参考にしてみてください。

ActiveとWISENFIT徹底比較。どっちを購入?

EMSスーツActiveとWISENFITの比較 一覧

EMSスーツActiveとWISENFITはどう違うのか、まずは一覧表で比較。

EMSスーツActiveとWISENFITの比較一覧
画像EMSスーツwisenfit
製品名Alpha  ActiveWISENFIT
スーツ形状シャツ・パンツ一体ワンピース型
シャツの背中にファスナーあり
シャツ・パンツセパレート型
シャツの前にファスナーあり
レディースはレギンスパンツ別売りあり
EMS電極数18か所メンズ14か所、レディース12か所
素材ナイロン(ポリアミド) 63%
エラスタン 15%
ポリエステル 13%
ポリウレタン 7%
純銀 2%
ナイロン:75.8%
スパンデックス:24.2%
サイズ3XS・2XS・XS・S・M・L・XL・2XL
男女共通8種類
メンズ S~XXLの5種類
レディース XS~XXLの6種類
レギンスのみ S~XXLの5種類
モードウォームアップモード5分間
トレーニングモード30分間
筋トレ
身体活性
ボディケア
リラックス
強度変更0~100%50段階
使用時間最大3時間
30分のオフタイマーあり
1回のトレーニング時間は20分
電源内蔵バッテリー
USBタイプCケーブルで充電
内蔵バッテリー
マイクロUSBタイプBケーブルで充電
その他特徴コントローラーの部位別ボタンで
胸・腕・お腹・背中・ヒップ・太腿の
6つの筋肉を個別にコントロール
専用スマホアプリで強度や使用時間、
モードの変更ができる。
部位ごとに異なる強度・時間設定も可能。
通常価格217,800円(税込)85,400円(税込)
通販サイトなら多少もう少し安い。公式HPでは2着以上購入で15%オフになる時がある
保証期間スーツ:半年
コントロールBOX:1年
スーツ本体:2カ月
コントローラー:3カ月
販売HP家庭用EMSスーツ『Active』公式EMSスーツWISENFIT公式 

Acriveの方が倍以上高いね。後発で出たWISENFITの方がコスパが優れてるかも。

この比較一覧の上から順にEMSスーツActiveとWISENFITの比較説明をします。

 

EMSスーツActiveとWISENFITの比較 【外装】

EMSスーツActiveとWISENFITの比較としてまずは外装を見てみましょう。

EMSスーツActiveとWISENFITの比較 【外装】

Activeは上下一体のワンピースでWISENFITはメンズ、レディースとも上下セパレートです。

Activeは男女兼用で、WISENFITはメンズ用とレディース用がわかれています。

Activeの場合、体格が一緒の夫婦ならそれぞれが使うということもできますね。

一着を夫婦で使いまわせるのは経済的。

Activeは背中のファスナーを閉める際にはひもが付いているので閉めにくさはない。

Activeは背中のファスナーを閉めて着る

WISENFITはパンツ(レディースはレギンス)を履き、上着は前方のファスナーを閉めて着ます。

WISENFITは前方のファスナーを閉めて着る

脱ぎ着のし易さではWISENFITの方に軍配が挙がりますが、EMS電極パッドの密着性を考えるとActiveの方がより密着するという利点があります。(密着性の大切さに関しては後ほどサイズのところで説明)

ただ、Activeは胸部のActiveロゴの主張が強いのに比べ、WISENFITのロゴは控えめなので、ジョギングなどのタウンユースを考えた場合はWISENFITの方が恥ずかしくないかもしれません。

ActiveとWISENFITのロゴの違い

 

着たままジョギングをしても恥ずかしくないWISENFITの動画

脱ぎ着のし易さや、タウンユースを考えるとWISENFITを選びたい。一着を夫婦で使いまわせるのは大きな利点。

次の項目ではEMS電極パッドの説明をします。

ちなみにどちらの製品も洗濯機で丸洗いできるということと、ジェルパッド(ジェルシート不要)なので、その比較はしていません。

『WISENFIT』は価格が安くハイコスパと言えるでしょう。

EMSスーツWISENFIT公式 はこちら

『Alpha Active』は値段が高い、、、。

家庭用EMSスーツ『Active』(Amazonリンク)はこちら

EMSスーツActiveとWISENFITの比較 【EMS電極パッド】

ActiveとWISENFITのEMS電極パッドの数や配置は以下の通り。

EMSスーツActiveとWISENFITのEMS電極の配置と数

Activeは18か所のEMS電極パッドがあるのに比べ、WISENFITは男性(メンズ)14個、女性(レディース)12個しかありません。

EMS電極パッドの数の違いは価格差を考えたら仕方ないかもしれませんね。

電極パッドのメンズ 14個、レディース12個⇒『WISENFIT』

EMSスーツWISENFIT公式 はこちら

電極パッドの数18枚⇒『Alpha Active』

家庭用EMSスーツ『Active』(Amazonリンク)はこちら

EMSスーツActiveとWISENFITの比較 【サイズ展開】

WISENFITはメンズ S~XXLの5種類、レディース XS~XXLの6種類、レギンスのみ S~XXLの5種類と一見多く見えますが、Activeの方が男女共通で8種類なのでActiveの方が幅広い体格に対応しています。

 

Activeの対応サイズ一覧表EMSスーツActiveの対応サイズ一覧

身長145cm~200cm、体重40kg~135kgまでの幅広い体格に対応するため合計8種類のサイズラインナップがある。

 

WISENFITのサイズ一覧表

WISENFITのサイズラインナップ一覧

WISENFITのサイズ一覧は各部位ごとのサイズに対してでしかないので、自分に合ったサイズが分かりづらいかもしれない。しかもS、M表記はアメリカ用の表記とのことなので、普段の自分のサイズで考えるとちょっとズレがあるかもしれないです。

WISENFIT公式HPでのサイズ説明

※サイズ表は実寸(平置きの寸法)で表示。全方向に5cm以上伸縮する素材を使用しています。
アメリカサイズのS,M表記になっている為、普段Mをご着用の方はワンサイズダウンのS、
普段Lをご着用の方はMをお勧め致します。

『WISENFIT』は価格が安い

EMSスーツWISENFIT公式 はこちら

サイズが豊富で密着性が高い⇒『Alpha Active』

家庭用EMSスーツ『Active』(Amazonリンク)はこちら

EMSスーツActiveとWISENFITの比較 【コントローラー】

コントローラーの大きさ、重量や機能では圧倒的にWISENFITの方に軍配が挙がります。

それぞれのコントローラーの違いを見てみましょう。

EMSスーツActiveのコントロールBOX

まずActiveですが、このコントロールBOXに充電(USB-Cコネクタで3時間)して、EMSスーツ本体に取り付けて使います。

電源スイッチを押しっぱなしにすることでウォームアップモードが5分間あり、全身にうっすら汗をかかせてEMS電極の電流の通りを良くしたのちに、トレーニングモードが30分間あります。

コントロールBOXには部位ごとのボタンがあり、胸、腕、お腹、背中、ヒップ、太ももそれぞれに1~100%の強度調整ができます。

EMSスーツActiveのコントロールBOX説明

難点があり、大きくて重い(350g)です。スマホで考えたら350gがいかに重いのかがわかりますね?

これは運動の際かなり邪魔になるということは使わなくても想像がつくと思います。

大きさに関しては動画を観れば大体の大きさがつかめるでしょう。

 

一方WISENFITのコントローラーはかなり小さいです。

WISENFITのコントローラー

メンズは上下で2個。レディースのレギンスパンツだけなら1個しか使いません。(レディースも上下使うなら2個必要)

こんな小さなコントローラーでどうやってEMSスーツをコントロールするかというと、スマホの専用アプリでBluetooth接続して指令を出します。(アプリ動作環境:Android4.3以上:iOS8.0以上)

WISENFITの専用アプリの説明

50段階の強弱変更、部位ごとの強弱変更×4つのモード(筋トレ、身体活性、ボディケア、リラックス)でなんと35,000通りのトレーニングができます。

Activeの販売開始が2017年で、WISENFITは2020年6月にクラウドファンディングで販売開始しているので、その4年の間にテクノロジーが進歩したと言えますね。

あなたは350gもあるコントロールパネルを腰に付けて、どれくらい動けますか?

コントローラが小さく多機能⇒『WISENFIT』

EMSスーツWISENFIT公式 はこちら

コントロールBOXが重くて大きい⇒『Alpha Active』

家庭用EMSスーツ『Active』公式HPはこちら

EMSスーツActiveとWISENFITの比較 【購入条件】

購入条件のうち、製品保証に関してはActiveに軍配が挙がります。

  • Active保証期間:スーツ:半年、コントロールBOX:1年
  • WISENFIT保証期間:スーツ本体:2カ月、コントローラー:3カ月

EMSスーツActiveとWISENFITの比較 【価格】

通常価格に関してはWISENFITの方が圧倒的に安価です。

  • WISENFIT通常価格:85,400円(税込)、レギンスパンツのみ 48,300円(税込)
  • Active通常価格:217,800円(税込)

WISENFITは2着以上購入すれば15%オフというキャンペーンをやられていますが、これもいつまで続くかは不明。

EMSスーツWISENFITのキャンペーン

2着同時かあ。主人が乗り気なら夫婦で2着買ってもいいかも。

WISENFIT通常価格:85,400円(税込)、レギンスパンツのみ 48,300円(税込)

EMSスーツWISENFIT公式 はこちら

Active通常価格:217,800円(税込)

家庭用EMSスーツ『Active』(Amazonリンク)

EMSスーツActiveとWISENFIT徹底比較。どっちを購入?【まとめ】

  • Active⇒217,800円(税込)
  • WISENFIT85,400円(税込)

電極の数はActiveの方が多いものの、コントローラの大きさ、軽さ、アプリ連携でできる35,000通りのトレーニングを考えるとWISENFITの方が圧倒的に使いやすいでしょう。

それで価格はActiveの半額以下なら、コスパやすごく良いということです。

EMSスーツActiveとWISENFITの比較一覧
画像EMSスーツwisenfit
製品名Alpha  ActiveWISENFIT
スーツ形状シャツ・パンツ一体ワンピース型
シャツの背中にファスナーあり
シャツ・パンツセパレート型
シャツの前にファスナーあり
レディースはレギンスパンツ別売りあり
EMS電極数18か所メンズ14か所、レディース12か所
素材ナイロン(ポリアミド) 63%
エラスタン 15%
ポリエステル 13%
ポリウレタン 7%
純銀 2%
ナイロン:75.8%
スパンデックス:24.2%
サイズ3XS・2XS・XS・S・M・L・XL・2XL
男女共通8種類
メンズ S~XXLの5種類
レディース XS~XXLの6種類
レギンスのみ S~XXLの5種類
モードウォームアップモード5分間
トレーニングモード30分間
筋トレ
身体活性
ボディケア
リラックス
強度変更0~100%50段階
使用時間最大3時間
30分のオフタイマーあり
1回のトレーニング時間は20分
電源内蔵バッテリー
USBタイプCケーブルで充電
内蔵バッテリー
マイクロUSBタイプBケーブルで充電
その他特徴コントローラーの部位別ボタンで
胸・腕・お腹・背中・ヒップ・太腿の
6つの筋肉を個別にコントロール
専用スマホアプリで強度や使用時間、
モードの変更ができる。
部位ごとに異なる強度・時間設定も可能。
通常価格217,800円(税込)85,400円(税込)
通販サイトなら多少もう少し安い。公式HPでは2着以上購入で15%オフになる時がある
保証期間スーツ:半年
コントロールBOX:1年
スーツ本体:2カ月
コントローラー:3カ月
販売HP『Active』(Amazonリンク)EMSスーツWISENFIT公式 
タイトルとURLをコピーしました